ABOUT

ハタフェスについて

富士山のお膝元、山梨県富士吉田市では、富士山の湧き水を使って千年以上前から織物業が育まれてきました。多品種の織物を織る珍しい産地でもあり、近年ファクトリーブランドが多く台頭してきています。当時の機屋の面影を残す建物や、機屋で働く人々が飲みにいったであろう路地裏の飲屋街など、この街だからこそ残っている風情があります。ハタオリマチフェスティバル、通称ハタフェスは、そんな古き良き街の中で開催する秋祭りです。

開催日

10/30(sat) 10:00-17:00
10/31(sun) 10:00-16:00

会場

山梨県富士吉田市
小室浅間神社 / 日本ステンレス工業富士吉田支店 / 中村会館 / 下吉田商店街の空き家 / 新世界乾杯通り / 中央まちかど公園 ほか

ハタオリマチマーケット

富士吉田はもちろん、全国各地のハタオリ産地の織物製品、衣服などから古道具や雑貨、おいしいフードまで地元山梨はもちろん、全国から多様な出店者が集まるマーケットです。
会場:下吉田の商店街各所、小室浅間神社、日本ステンレス工業富士吉田支店など

ハタフェスオリジナルコンテンツ

他県の産地との連帯や、テキスタイルデザイナーや服飾に関わる人たちの展示、音楽会などハタフェスならではの企画が盛りだくさん!
会場:下吉田の商店街各所

ハタオリマチマーケット

富士吉田はもちろん、全国各地のハタオリ産地の織物製品、衣服などから古道具や雑貨、おいしいフードまで地元山梨はもちろん、全国から多様な出店者が集まるマーケットです。
会場:下吉田の商店街各所、小室浅間神社、日本ステンレス工業富士吉田支店など

ハタフェスオリジナルコンテンツ

他県の産地との連帯や、テキスタイルデザイナーや服飾に関わる人たちの展示、音楽会などハタフェスならではの企画が盛りだくさん!
会場:下吉田の商店街各所

ハタオリマチフェスティバル メインテーマ
「つなぐ織」

ハタオリマチ、富士吉田市は1000年以上も前から織物の産地としての歴史があります。その長い歴史の中では、今の世の中のように様々な困難と苦労に直面してきました。そんな時、このまちの職人や工場で働く人々は、この産地でできることを常に考え行動しています。どんなときもひたむきにていねいに、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を組み合わせ、織ることを続けています。そのために必要な準備工程の人たちも然り。

「織」という言葉は、「糸」と「戠」(しょく)という字から由来していて、「戠」には目印の意味があり、「糸」を組み合わせることで「模様を目印にしながら布を織る様子」ということでこの言葉が生まれたそう。

つなぐ織。

ハタオリマチフェスティバルでは、産地の人々、そしてこのまちに想いを寄せてくれる人たちの想いを紡ぎ、経糸と緯糸を使って織物を織るように、人と人、人とモノが交流し、このイベントがあったから生まれた成果を顕在化します。
産地の目印として、産地のひとつの物語として、未来につながるイベントになるように。