ハタフェスがあったから|ハタオリマチノキオク

By 2020年11月2日COLUMN


2016年の初回に、監督・撮影を濱田英明さん、音楽を田辺玄さん、森ゆにさんが担当した「ハタオリマチノキオク」というMOVIEができました。

郡内織物産地を伝えるLOOMという冊子が富士吉田でつくられたときに、田辺玄さんと森ゆにさんが音楽でこのまちを伝えるために「LOOM」という曲を作ってくれました。

初回の2016年のハタフェスで玄さん、ゆにさんがライブでROOMの曲を披露してくれることになり、そこになんと、その年のハタフェスで写真展を開催していた濱田英明さんが映像を添えてくれたのです。写真展のために富士吉田に撮影に訪れていた濱田さんが、いつの間にか映像でも富士吉田のまちを切り取ってくれていて、「富士吉田市のためになるのなら」と映像を提供してくれました。

その後、この曲と映像はハタフェスの公式テーマソングとなりました。

このまちに響く音は、なんの音でしょう?