高校生が企画考案!織物装飾バス「ハタオリ号」が運行中

By 2021年10月27日10月 28th, 2021EVENT


市内にある富士北稜高校では、「総合的な探究の時間」の授業内にて、富士北稜高校と富士吉田市・富士吉田市織物協同組合・富士急バスが連携して、地域の課題を解決するアイデア発想の授業を実施しています。その中で、「産業」「交通」のテーマからは、新しい公共交通・織物の使い方として、「地場産品の織物を使って、公共バスを装飾する」のアイデアがありました。その提案を地域各団体と協力して有志生徒が実践し、期間限定の織物バスが実現しました。

ハタオリマチフェスティバル期間中も運行しています。
高校生が選んだ地元の織物の生地を可愛く装飾したハタオリ号。100円で乗車できるタウンスニーカーに乗って市内を巡りながら、バス車内でも富士吉田の織物を楽しんでもらえたら嬉しいです。

【設置場所】
市内循環バス タウンスニーカー 3台分
詳しい時刻表はこちら → https://www.fujikyubus.co.jp/townsneaker

【設営期間】
令和3年10月20日(水)〜令和3年12月末まで

【設置コンセプト】
富士吉田市が多様な織物製品を作る織物産地であるため、生地・色を分けて装飾しています。
今回の取り組みは富士吉田市織物協同組合より生地を提供いただいております。
【 赤・ピンク系統 】  ネクタイ生地 号(羽田忠織物)
【 黄色・みどり系統 】 傘生地 号(舟久保織物)
【 青・水色系統 】   服地 号(宮下織物)
※バスの細かい時刻は当日の運行次第のため、事前に富士急バスへご確認ください。

【関連団体】※敬称略
富士北稜高校、富士急バス株式会社、富士吉田市織物協同組合、繊維産業活性化地域おこし協力隊(森口理緒)、富士吉田市役所、特定非営利活動法人かえる舎