【LIVE】ハタオリマチニヒビクウタ

By 2016年10月27日お知らせ

Print
かつてこのまちを歩けば機織りの「ガシャンガシャン」というハタを織る音がそこらじゅうに響いていたといいます。
その音はまるでリズムをきざむように。時を織り、思いを重ね、記憶をほどき、命を繋ぐ。
音楽を通して、この街の歴史を少し紐解けるような、そんな場を設けました。音楽会「ハタオリマチニヒビクウタ」を開催します。

演奏は音楽家、田辺玄さんと森ゆにさんです。ゲストに写真家の濱田英明さんを迎え、富士吉田で撮った映像や写真も音楽と組み合わせます。
場所は、旧角田医院。ふだんは入れない個人宅なのですが、当時甲斐絹の織物の町として栄えた富士吉田市で接待をする高級料亭として使用されていて、現在でも文化財に相当するとても貴重な建物の中で演奏会を開催させてもらえることになりました。

お申し込みはメールにて予約、50名先着順とさせていただきます。
また、会場の保護的な観点から、未就学児のお子様のご入場が不可となります。何卒御理解のほどよろしくおねがいいたします。

イベント詳細:音楽会「ハタオリマチニヒビクウタ」

時間:17:00開場 17:30開演
場所:旧角田医院 山梨県富士吉田市下吉田3-9-19
料金:1,500円(メールで予約後、当日会場にてお支払いください)
予約方法:beekmagazine@gmail.com にお名前、参加人数、ご連絡先を明記の上お申し込みください。先着50名に達し次第、終了とさせていただきます。
チケットは売れ切れました。誠にありがとうございます。

520a9915s

森ゆに
山梨県在住。シンガーソングライター、ピアニスト。クラシックや賛美歌をルーツにした弾き語りによるアルバム「夏は来る」「夜をくぐる」に続き、新作「祝いのうた」を2015年6月に発表。
moriyuni.blog94.fc2.com

田辺玄(WATER WATER CAMEL)
ギタリストやレコーディングエンジニアとしての活動や、映像や空間のサウンドデザイン等、音を媒体にさまざまな人や場とのコラボレーションを展開している。
genwwc.blogspot.jp
waterwatercamel.com

stage_0805_tanabegen_moriyuni

濱田英明
1977年、兵庫県淡路島生まれ。大阪在住。2012年9月、35歳でデザイナーからフリーのフォトグラファーに転身。2012年12月、写真集『Haru and Mina』を台湾で出版。『KINFOLK』(アメリカ)、『FRAME』(オランダ)や『THE BIG ISSUE TAIWAN』(台湾)などの海外雑誌ほか、国内でも雑誌、広告など幅広く活動中。2014年10月写真集「ハルとミナ」(Libro Arte刊)を出版。「瀬戸内国際芸術祭 小豆島 醤の郷+坂手港プロジェクト」公式フォトグラファー。