街には、見方によって変わる様々な顔があります。今回のハタフェスでは、変化する街を3つの見方で楽しむまちあるきを開催します。3つの見方(コース)に分かれ、下吉田の街をそれぞれの先生と一緒に歩きます。富士吉田をはじめて訪れる人も。何度も訪れている人も。生まれ変わりつつある富士吉田の街を、あなたはどんな見方で巡りますか?

参加費はそれぞれ無料です。
参加ご希望の方は、当日13時30分より受付を開始いたしますので、小室浅間神社入口までお越しください。
各コース、出発地点は小室浅間神社となります。

machiaruki01

コース1:あなたの知らない下吉田

なんでも揃う繁華街&織物取引で全国から集まった人たちの夜の街として、戦前から昭和40年代まで繁栄と喧騒にあふれ、そのカオスが太宰、新田次郎を魅了し、そして李良枝、志村正彦に続く文化を生み出した下吉田西裏地区 現在の、赤茶けたトタンの奥に広がる路地裏の風景は、ただの廃墟か?つわものどもの夢の跡なのか? 「昭和レトロ」なんて陳腐な言葉ではとうてい表現できないまち 歩いて、感じて、味わって、その先には日本の未来が見えてくる!

日時:11月12日(土) 14:00~16:00、13日(日) 10:00~12:00  ※受付9時30分より
講師:渡辺一史さん
定員:15名

machiaruki02

コース2:吉田の名物スケッチ

富士吉田の名物といえば、うどんや富士山、織物、などですが、名物スケッチでは勝手に新しい名物を考えてスケッチしてしまおうというワークショップです。
街歩きをして、見つけたもの、気になったもの、想像したもの、こんな名物あったら面白いなというものを、富士吉田の風景の中でスケッチします。見て描いてもいいし、まるっきり想像で描いても構いません。描いたスケッチは、新吉田の名物ガイドのようになるでしょう。

日時:11月13日(日)14:00~15:45
講師:上條暁隆さん
定員:15名 ※小学生未満 保護者同伴
持物:好奇心、雨具(雨天時のみ)

machiaruki03

コース3:まちあるき写真撮影会 ~吉田のハタオリを育んだ“水”を探して~

富士吉田のまちあるき撮影会を行います。今回は富士吉田のハタオリに欠かせなかった「水」にまつわる風景を一緒に探しに行きましょう。写真に興味のある方、富士吉田やハタオリが大好きな方、一緒に撮影しませんか。初心者の方も大丈夫、講師から撮影テクニックを学べます。写真の講評会もありますよ。一緒に富士吉田のステキな風景をみつけましょう。

日時:11月13日(日)14:00~17:00
講師:安藤智仁さん カメラメーカー フォトインストラクター
定員:15名
持物:一眼レフもしくはミラーレスカメラ / カメラの取り扱い説明書